MENU

キャッシングの最低利用額

キャッシングは、消費者金融や銀行などの多数の金融機関が取り扱っている人気の商品で、個人の生活をサポートすることを目的としています。このために、事業性資金として利用は認められていませんが、ショッピングや飲食、旅行などの遊興費に分類される様な目的でも使用できます。

 

キャッシングを利用する上で守らなくてはならないルールは、毎月の約定日までに指定の金額を返済するということです。このために、審査ではルールを守れるだけの返済能力を有しているのかが問われることになります。審査は、信用情報機関に登録されている利用履歴や借入残高などのクレジットヒストリーが重要なポイントとなり、返済能力が融資額の最低金額を上回っていれば審査通過となります。

 

そして、その金額を利用可能額として、契約を締結し融資が実行されます。なお、この利用可能額は利用状況によって変動する可能性があります。約定返済を積み重ねていけば信用情報が良化するので、利用可能額は増額されることになります。逆に、約定日までに返済できないということが繰り返された場合は、利用可能額の上限は減額されてしまいます。融資額の最低金額が利用可能額だった場合は、利用停止となるケースもあります。