キャッシング枠の増額をする上で必要な事

MENU

キャッシング枠の増額をする上で必要な事

カードローンなどで行うことが出来るキャッシングの枠について、契約等職上限額よりも多くの資金を取り扱うことが出来る様に、利用限度額の増額を申し出ることが仕組み上可能です。しかしながら利用できる金額の上限が増すということは貸し手にとってはリスクが高まることを意味します。そのため借り手側に相応の信用があることが絶対条件となってくるものなのです。

 

基本的に契約時にはその時点での信用に応じた契約上限を設定することが基本となります。その当時以上の信用を得るためには様々な形で信用を高めていく必要があると言えるでしょう。一つの方法としては長く利用しており、なおかつ返済の滞納が無いことなどが条件として挙げられます。この様に契約期間が長く、キャッシングサービスの使用の履歴が十分で返済に遅滞が無いことが信用を高めることに繋がるのです。

 

他にも収入の高さを証明することも効果的な方法であると言えます。源泉徴収票など収入を証明することの出来る書類を提出することで利用限度額の増額につながることもあります。特に貸金業者である消費者金融におけるキャッシングサービスでは法的に貸し出せる限度額は年収の3分の1までであると定められています。そのため年収の増加はそのまま借入限度額の増額につながる仕組みがあると言えるのです。